青海の竹のからかい

1月15日に4年ぶりにコロナ禍を経て青海の竹のからかいが行われました。 竹のからかいは国の重要無形民俗文化財で東西の隈取をした若衆が2本の竹を引き合い、その年の豊漁・豊作を競います。 今年はあいにくの天候でしたが、威勢の […]

続きを読む
「“年取り”の水ようかん」

大晦日、日が暮れると“年取り”が始まり、新しい年をお祝いします。子供に限らず楽しみは、口取り皿の水ようかんです。昔は家々で舟に流して作っていました。全国でも稀有な“年取り”の水ようかん。先人が残した糸魚川の食文化に感謝し […]

続きを読む
商工いといがわ9月号 No.559

『日本初の海上インターチェンジ、親不知海岸高架橋』「暑い街」いといがわ。2023年8月10日には、日本国内における一日の最低気温の最高記録となる31.4℃を観測。少しずつ秋の景色になってきましたが世界的な気候変動で四季の […]

続きを読む
商工いといがわ7月号 No.558

「夏の風物詩 蛍」 蛍は6月から7月にかけて夏の風物詩として古くから愛されてきました。昔はどこの田んぼでも蛍の舞う姿を見ることが出来ましたが、環境汚染や異常気象などでその数は激減しました。それでも各地域の人達の努力で、根 […]

続きを読む
商工いといがわ5月号 No.557

 「高浪の池キャンプ場」昨年11 月に国石に続き県の石に指定されたヒスイ。この産地、小滝川ヒスイ峡の拠点となる「高浪の池キャンプ場」は、コロナ禍を乗り越え今年も営業を開始しました。6月3日(土曜日)には「たかなみまつり」 […]

続きを読む
商工いといがわ3月号 No.556

天津神社春大祭(糸魚川けんか祭り) コロナ禍のため休止していた天津神社春大祭(糸魚川けんか祭り)が4年ぶりに開催されます。今回は感染予防を考慮し、神輿の巡行と舞楽奉納は4月10日の1日に縮小して行われる予定です。春を告げ […]

続きを読む
商工いといがわ1月号 No.555

㊗新潟県の石指定 ~翡翠~ 令和4年11月4日、翡翠が新潟県の石に指定されました。翡翠は、古くから勾玉など宝石の一種として親しまれてきました。翡翠というと緑色の印象が強いですが、主体となる翡翠輝石は透明から白色で、緑、薄 […]

続きを読む
商工いといがわ11月号 No.554

ひすいの街めぐり160 準備万端  今年の冬はラニーニャ現象と予想され、12月、1月の大雪が心配されます。 大糸線の足の確保のために平岩駅には除雪車が準備されています。 乗降客が少なくても大切な路線ですので、活躍を期待し […]

続きを読む
商工いといがわ9月号 No.553

ひすいの街めぐり159   石拾い ~ヒスイ海岸~  「石のまち 糸魚川」がテレビやメディアで取り上げられたこともあって、 ヒスイとの奇跡的な出会いを求めてヒスイ海岸で石拾いをする方が増えました。  夏は市外の […]

続きを読む
商工いといがわ7月号 No.552

ひすいの街めぐり158   ヒーリングガーデンたかなみ  ヒーリングガーデンたかなみは、 コロナ禍を乗り越え今年も営業を再開。 やっと賑わいが戻って来ました。   【高浪の池】  食堂▶11:00~1 […]

続きを読む