商工いといがわ5月号 No.551

ひすいの街めぐり157
 
雁木の街めぐり
 八福神に手を合わせる人の思いは、回禄した古き街並みの鎮魂でしょうか。
 再建された雁木の街の未来でしょうか。
 
 大火で失われた雁木床の石畳が再整備されました。
色々な制約の中で、何とか子供たちに”雁木の街”を残したい。関わる人たちの思いです。
 
 
 《写真撮影:山下広報委員》
 
5月号.pdf←こちらから全ページご覧いただけます

5月号_1.png

商工いといがわ3月号 No.550

ひすいの街めぐり156
 
親不知の投げ岩
 
 親不知のシンボルとも呼べる投げ岩。
 その昔、この地で鬼と大国主命が力比べをした際、大国主命が投げた岩が2つに割れ、見事勝利した事からその名が付けられたとされています。
 
 ピアパークからの風景の一つとして見ることが多いこの風景ですが、今回は糸魚川側から春を待つ日本海と美しき光芒を添えた風景をお届けします
 
 
 《写真撮影:赤野広報委員》
 
22-3月号.pdf ←こちらから全ページご覧いただけます
 
 
22-3月号_1.png

商工いといがわ1月号 No.549

ひすいの街めぐり155
商工いといがわ1月号 No.549
 
糸魚川のあんこう鍋
 
 1月の底冷えするこの時期に、熱々のあんこう鍋は糸魚川の風物詩となっています。湯気の向こうにみんなの笑顔が見えるようです。
 
 今では糸魚川のあんこうを求めて、県外からも多くのお客さんが訪れてくれるようになりました。
 
 市内では感染対策に十分に気を付けて、糸魚川荒波あんこうフェアが12月1日から3月31日まで行われています。
 
 《写真撮影:高橋広報委員》
 
 

商工いといがわ11月号 No.548

ひすいの街めぐり154

商工いといがわ11月号

 

小蓮華山と雪倉岳の紅葉

 

 今年開設50周年を迎えた栂海新道は、海抜0m地点から標高3,000mの北アルプスへと繋がる夢の登山道。
 
 その一端となる雪倉岳と新潟県最高峰・小蓮華山周辺を望む紅葉風景です。
 
 亡き小野健氏を偲びながら、全国に名を馳せたこの道の更なる繁栄を願わずにはいられません。
 
《写真撮影:赤野広報委員》
 

商工いといがわ9月号 No.547

ひすいの街めぐり153

9月号_1.jpg

 

糸魚川市観光大使「ヒスイレディ」

 

 今年のヒスイレディに選ばれた3名を紹介します。写真左から矢嶋花朋(やじま かほ)さん、渡邉幸(わたなべ みゆき)さん、伊藤彩乃(いとう あやの)さんです。

 ヒスイレディは、イベントやキャンペーンへ出向き「ふるさと糸魚川」をPRする観光大使です。

 コロナ禍で今年はイベントも少ないかもしれませんが、糸魚川の魅力を多くの方に知って頂くためにがんばっています。みなさんも応援しましょう!

《写真撮影:小島広報委員》

 

9月号.pdf

商工いといがわ2021年特別版

商工糸魚川特別版の発行にあたり

商工糸魚川特別版_1.jpg

 

こんにちは、糸魚川商工会議所です。

市民の方から、「商工会議所は何をやっているところか良くわからない」、「どんな仕事をしているのか」というお声をよくいただきます。

このような理由から、1年に1度、市民の皆さんに活動内容を紹介して商工会議所活動への理解を深めていただきたく発行したものです。

 

 

 

 

 

 

(続きはPDFをご覧ください↓↓)

商工糸魚川特別版.pdf

 
 

商工いといがわ7月号 No.546

 

ひすいの街めぐり152

7月号.jpg

 

不動滝ジオサイト(今井エリア)

 糸魚川市今井の山道を抜けると幅4m、

落差70mもある滝を見ることができる。

 勢いよく落ちる滝音の迫力、

涼しい風はまさに自然の恵み、力強さである。


《写真撮影:龍見広報委員》

 

7月号.pdf

 

商工いといがわ5月号 No.545

ひすいの街めぐり151

5月号_1.png

 

小滝川ヒスイ峡と糸魚川真柏

 日本の国石に選定され市民ならどなたでもご存じの「翡翠」。その産地として有名な小滝川ヒスイ峡。ここにはもう一つの誇れるものがあります。

「真柏」です。その希少度から盆栽の王様と呼ばれ珍重される「糸魚川真柏」は、ヒスイ峡の小滝川左岸に面した明星山の岸壁に、静かに生息しています。

《写真撮影:後藤広報委員》

 

商工いといがわ3月号 No.544

3月号_1.png

ひすいの街めぐり150

美山公園の給水塔から見る桜模様


 糸魚川には桜の名所が数多くあります。その中でも美山公園の給水塔から見る桜の風景は、手前にソメイヨシノ、遠景に雪の残った頚城連山、そして大野の町並みが一望できる素敵な風景を望める場所です。

 今年は大雪でかなりの桜の枝が折れてとても心配ですが、毎年綺麗な桜がコロナ禍で沈みがちな私たちの心を癒してくれると思います。

   《写真撮影:高橋広報委員》

商工いといがわ1月号 No.543

ひすいの街めぐり149

商工いといがわ2021年1月号表紙.jpg

平岩地区の一斉雪降ろし

 道路を車両通行止めにして屋根の雪を道路へと落とす「一斉雪下ろし」は、国道148号線平岩交差点からJR平岩駅までを時間規制の通行止めにして行う大掛かりな除雪作業です。

 ここ最近は暖冬傾向だった為、目にする事も少なくなった風景ですが、毎年2月頃を目処として行われている平岩地区の冬の風物詩です。

《写真撮影:赤野広報委員》

商工いといがわ2021年1月号.pdf