商工いといがわ10月号 No.531

商工いといがわ2019年10月号.jpg

ひすいの街めぐり137

秋の庭園ライトアップ(玉翠園・谷村美術館)

 秋も深まり紅葉の見頃を迎える。

 エキゾチックな建造物はライトアップされシルクロードを思わせ、一層不思議な空間を作りあげ見る人を楽しませてくれる。館内では夜の庭園を見ながら、ひすいのテーブルでコーヒーを楽しめる。幻想的な気分にひたり旅人を味わう。

と き:11月8日(金)~17日(日)17時~19時30分(19時受付終了)

入館料:大人500円

(写真撮影:龍見広報委員)

商工いといがわ2019年10月号.pdf

商工いといがわ9月号 No.530

ひすいの街めぐり136

商工いといがわ2019年9月号.jpg

「冷たいね!」

大町親水公園の井戸は糸魚川給水事業発祥の井戸です。

大正10年に「井上給水場」として近隣の140数軒に給水を始めました。この度、手押しポンプが設置されて、地域を支えてきた❝清涼な水❞が、平成大火の記憶とともに後世に継承されることとなりました。

(取材協力:井上商会株式会社、写真撮影:山下広報委員)

商工いといがわ2019年9月号.pdf

 

商工いといがわ8月号 No.529

ひすいの街めぐり135

商工いといがわ2019年8月号.jpg

木造奴奈川姫神像(新潟県指定文化財)天津神社

桧材の一本造りで像の高さ45センチ。作りは簡素であるが、神像独自の清澄な表情が見られ、温和で端正な像容の中に鎌倉時代の特徴が見られる。(非公開)

(写真撮影:髙野広報委員 ※1985年撮影)

商工いといがわ2019年8月号.pdf

 

商工糸魚川2019年特別版

商工糸魚川特別版の発行にあたり

商工糸魚川2019年特別版.jpg

こんにちは、糸魚川商工会議所です。

市民の方から、「商工会議所は何をやっているところか良くわからない」、「どんな仕事をしているのか」といったことを時々お聞きします。

このような理由から、一年に1回、市民の皆さんに活動内容を紹介して商工会議所活動への理解を深めていただきたく発行したものです。

(続きはPDFを御覧ください↓↓)

商工糸魚川2019年特別版.pdf

 

商工いといがわ7月号 No.528

ひすいの街めぐり134

商工いといがわ2019年7月号.jpg

糸魚川夏祭り、花火の共演

いよいよ夏本番です。

糸魚川の花火の競演は7月20日(土)早川花火大会(祇園祭り)を皮切りに、7月28日(日)糸魚川大花火大会(おうみ祭り)、8月3日(土)おみちよう花火(おまんた祭り)、8月10日(土)能生ふるさと海上花火大会と続きます。

(写真撮影:高橋広報委員)

商工いといがわ2019年7月号.pdf

商工いといがわ6月号 No.527

ひすいの街めぐり133

商工いといがわ2019年6月号.jpg

「お帰りなさい」

 失意の時を乗り越えて、なつかしい笑顔が戻って来ました。

 復興した街の一員として力を合わせて❝商店街のつづき❞を始めます。

 (撮影協力:京屋分店、コナヤスポーツ、マルニ木島商店、畑亀酒店、平安堂、布と糸手作りの店おおせ)

(写真撮影:山下委員)

商工いといがわ2019年6月号.pdf

商工いといがわ5月号 No.526

ひすいの街めぐり132

商工いといがわ2019年5月号.jpg

春を迎え除雪作業の進む林道白池線(5月中旬撮影)

 雪解けのすすむ白池を経て、ヒワ平展望台からは残雪の小蓮華山・雪鞍岳・朝日岳を望むことができます。

※林道白池線(木地屋~白池~ヒワ平):6月中旬頃開通予定

(写真撮影:後藤広報委員)

商工いといがわ2019年5月号.pdf

商工いといがわ4月号 No.525

ひすいの街めぐり131

商工いといがわ2019年4月号.jpg

復興マルシェ

 糸魚川駅北大火から2年が過ぎた。新しいまちづくりに向けて復興マルシェが誕生し、賑わい創出広場には多くの市民の笑顔があふれ、復興マルシェに期待が膨らむ。

※本年開催されるマルシェは4月13日(土)、6月22日(土)、10月6日(日)10時~15時(予定)

(写真撮影:龍見広報委員)

商工いといがわ2019年4月号.pdf

商工いといがわ3月号 No.524

ひすいの街めぐり130

天津神社春大祭舞楽「陵王(りょうわう)」

商工いといがわ2019年3月.jpg

 舞を終え舞台を去る陵王。静寂の風景を表す句「江上数峰青」は曲順や配役を列記した「舞楽差定」最後に記されており、以上で終了の意。

写真は舞楽特別公演時撮影(写真撮影:髙野広報委員)

商工いといがわ2019年3月号.pdf

 

 

 

商工いといがわ2月号 No.523

ひすいの街めぐり129

商工いといがわ2019年2月号.jpg

池田屋酒造「謙信」

 1812年(文化9年)創業の池田屋酒造は塩の道の起点近くに位置し、上杉謙信の塩送りにちなんで「謙信」と命名され、清酒はこの地で200年以上に渡り造り続けられてきました。

 今年も寒い冬を迎え、寒仕込みが最盛期を迎えています。

(写真撮影:後藤広報委員)

商工いといがわ2019年2月号.pdf