商工いといがわ3月号 No.544

3月号_1.png

ひすいの街めぐり150

美山公園の給水塔から見る桜模様


 糸魚川には桜の名所が数多くあります。その中でも美山公園の給水塔から見る桜の風景は、手前にソメイヨシノ、遠景に雪の残った頚城連山、そして大野の町並みが一望できる素敵な風景を望める場所です。

 今年は大雪でかなりの桜の枝が折れてとても心配ですが、毎年綺麗な桜がコロナ禍で沈みがちな私たちの心を癒してくれると思います。

   《写真撮影:高橋広報委員》

商工いといがわ1月号 No.543

ひすいの街めぐり149

商工いといがわ2021年1月号表紙.jpg

平岩地区の一斉雪降ろし

 道路を車両通行止めにして屋根の雪を道路へと落とす「一斉雪下ろし」は、国道148号線平岩交差点からJR平岩駅までを時間規制の通行止めにして行う大掛かりな除雪作業です。

 ここ最近は暖冬傾向だった為、目にする事も少なくなった風景ですが、毎年2月頃を目処として行われている平岩地区の冬の風物詩です。

《写真撮影:赤野広報委員》

商工いといがわ2021年1月号.pdf

商工いといがわ11月号 No.542

商工いといがわ2020年11月号.jpg

ひすいの街めぐり148

ここから

 2016年12月24日。

 灰燼に帰した街に

 初めて立ち入りが許された日。

 

 風が止み、しとしと雨の中、

 焼け跡に立つ被災者たち。

 あの日を忘れない。

 

《写真撮影:山下広報委員》

商工いといがわ2020年11月号.pdf

商工いといがわ9月号 No.541

ひすいの街めぐり147

紅葉の蓮華温泉 仙気の湯

商工いといがわ2020年9月号.jpg


 想像を超える猛暑、台風などの異常気象が毎年のように起こるようになってきました。

 気候変動に伴い、蓮華温泉の紅葉もきれいに染まらない年が増えてきたように感じます。

 蓮華温泉への道路が10月の半ばで冬季の通行止めとなりますが、みなさんも一度足を運んでみませんか?

《写真撮影:小島広報委員》

商工いといがわ2020年9月号.pdf

商工いといがわ2020年特別版

商工糸魚川特別版の発行にあたり

商工糸魚川2020年特別版.jpg

こんにちは、糸魚川商工会議所です。

市民の方から、「商工会議所は何をやっているところか良くわからない」、「どんな仕事をしているのか」といったことを時々お聞きします。

このような理由から、1年に1回、市民の皆さんに活動内容を紹介して商工会議所活動への理解を深めていただきたく発行したものです。

(続きはPDFをご覧ください↓↓)

商工糸魚川2020年特別版.pdf

商工いといがわ7月号 No.540

ひすいの街めぐり146

日本海に沈む夏の夕日

商工いといがわ2020年7月号.jpg


 糸魚川は、海があり山があり身近に素晴らしい自然がたくさんあります。

 その中でも夏の夕日は雄大で、毎回私たちに違った姿を見せてくれます。また、天候の条件が合えば能登半島も綺麗に見えます。

 コロナ禍という大変な時、日本海に沈む夕日を見て自然の素晴らしさを感じて、少しでも癒されたらと思います。

 《写真撮影:高橋広報委員》

商工いといがわ2020年7月号.pdf

 

商工いといがわ6月号 No.539

商工いといがわ2020年6月号.jpg

ひすいの街めぐり145

姫の願い

 新型コロナウイルス感染症の影響で糸魚川はもちろん、世界中が疲弊しています。

 しかし、コロナ後の新しい時代に向けた糸魚川に生まれ変わるチャンスでもあります。

 JR糸魚川駅前に建つ奴奈川姫像もマスク姿でみちゆく人たちを見守っています。

 今一度、気持ちを引き締めて力を合わせて強い糸魚川を目指しましょう。

《写真撮影:小島広報委員》

商工いといがわ2020年6月号.pdf

商工いといがわ5月号 No.538

商工いといがわ2020年5月号.jpg

ひすいの街めぐり144

雪解け進む白池

 残雪の湖畔にもやっと春がやって来ました。

 木地屋の里より5.3km、歩いて1時間半ほどで、静寂の世界へ到着します。

 現在除雪作業中の林道白池線、一般車通行開始は6月上旬を予定していますが、途中、かつら橋にて橋梁補修工事のため、6/1~6/12が車両通行止めとなります。(歩いて現地へ向かう方はクマに注意し、音をたてながら複数人にて行動してください)

《写真撮影:後藤広報委員》

商工いといがわ2020年5月号.pdf

商工いといがわ4月号 No.537

商工いといがわ2020年4月号.jpg

ひすいの街めぐり143

"おもてなし”の空間

 次世代に残したいもの糸魚川らしい街並み雁木は、歩行空間であるとともに"おもてなし”の空間です。

 風薫る季節になりました。駅北広場「キターレ」もオープンしました。焼失した雁木はまだ再建半ばですが、"おもてなし”の街歩きはいかがですか。

(写真撮影:山下広報委員)

商工いといがわ2020年4月号.pdf

商工いといがわ3月号 No.536

商工いといがわ2020年3月号.jpg

ひすいの街めぐり142

天津神社春の大祭 けんか祭り

 昔から天津神社の祭りが雨となれば能生白山神社の祭りが晴れ、晴れると逆に雨になると言われています。

 昨年のけんか祭りはあいにくの雨。しかしながら泥まみれて男たちのぶつかり合いは迫力そのものである。

商工いといがわ2020年3月号.pdf