うまいもん

おねり
おねり
食べ物がない時代にくず米の粉を利用して作った“かて”。
・うるち米の粉
・水
・きな粉
1 お湯を煮立たせて、米の粉を入れ、手早くかき混ぜる。
2 耳たぶ位のやわらかさに練り上げる。
3 食べやすい大きさにちぎって、きな粉をつけて食べる。
形よくまとめて“ワタシ”で焼いたものが焼きもち。
お湯を煮立たせる時、里芋を入れ、芋がやわらかくなるまで煮てから粉を入れるとツルンとしておいしい。




芋のこの焼きもち
芋のこの焼きもち
昔は里芋のくずと米のくず(いりこ)で作っていました。今では作る人が少なくなっています。
よもぎを入れたり、小豆あんを包んだりする作り方もあります。
・里芋(皮むき) 1kg
・米の粉 1kg
・水 1L
1 皮をむいた里芋を水からゆでやわらかくする。
2 そこに米の粉を入れ5分程度煮る。(かき混ぜると焦げ付くので注意)
3 火からおろし、すりこ木でつきながらこねる。
4 丸めて両面を焼く。