いいところ

水保の観音さん
水保の観音さん
 
所在
水保観音堂

 水保の観音さんと親しまれている「木造十一面観音立像」は、昭和25年に国の重要文化財の指定を受けています。この像は、一般になた彫りといわれ、丸ノミを横に用いて荒っぽく彫る技法で作られ、県内でも珍しい仏像です。桜材の一木造で、両手首が失われ、頭部の天冠台には、今は薄くなっていますが、口を開いて笑った顔や、怒った顔など十一面が墨書きしてあります。両手首が失われた伝説や集落を火災から護った伝説などが残っています。平成16年8月には、33年ぶりにご開帳されました。



大野神社とその周辺
大野神社とその周辺
 
所在
大野

 大野神社は、村内の小祠(しょうし)を合併したりして今の場所に大野神社を建立したと伝えられています。神社には木造大野社男神像(だんしんぞう)・随神像(ずいしんぞう)があり、南北朝時代、室町時代のものとされています。神社入口にはかつて樹齢1千年といわれる大ケヤキがそびえていましたが、平成7年9月16日に大音響とともに倒れ、今は記念碑だけが残っています。この境内では、コミュニティ活動の一環として春の子供御輿、秋の仮装盆踊りなどが行われ、賑わいの中心となっています。



JR大糸線
JR大糸線
 
所在
姫川沿線

 JR大糸線は、単線のディーゼル1両運行で、糸魚川駅と南小谷駅の間をのんびりと姫川に沿って走っています。沿線の住民、特に学生やお年よりの「足」としてなくてはならないものとなっています。平成7年の7・11水害では壊滅的な打撃を受け、存続が危ぶまれましたが、関係機関の努力で現在もなお住民の足として活躍しています。車窓からは四季折々の姫川の清流と渓谷を楽しむことができます。